自然素材を取り入れた安全な住宅

現在では、住宅の建築にさまざまな化学物質が使われるようになっています。

 

たとえば壁のクロスや床のフローリングを固定するための接着剤には、化学物質が多く含まれています。

また、クロスにしてもフローリングにしても、それら自体に化学物質がある程度含まれているのです。

化学物質は、壁や床から少しずつ空気中に漏れていきます。

したがって住宅の中で暮らしていると、それだけで呼吸によって化学物質を体に取り込むことになります。

近年問題となっているシックハウス症候群は、これが原因となっているのです。

 

そのことから最近は、自然素材を使った注文住宅が注目されるようになっています。

壁には、ビニールクロスよりも漆喰や珪藻土を使うのがおすすめです。

床には人工的なフローリングよりも無垢材を使用した方がよいでしょう。

床に塗るワックスも、化学的なものよりも自然素材、たとえば蜜ろうから作られたなどを使えば、床で寝転ぶことが多い赤ちゃんやペットにも安心ですね。

 

これらを多用した住宅では、シックハウス症候群となるリスクが低いと言えます。

健康体を維持しながら安全に暮らすことができるので、需要が高まっているのです。

化学物質を極力使わずに加工した、自然界から採取された素材を使った建材と選ぶことで、家族の健康を守ることができるのです。

 

 

また、シックハウス症候群の原因の一つである住宅の結露も、軽視はできません。

それは健康には大いに関わってくるからです。

そもそも結露が目立つ住宅の場合は、カビに関する問題も発生しやすいです。

やはり湿気が多い住宅ですと、カビが繁殖しやすい傾向はあります。

 

ところで住宅部分の結露は、窓と大きな関連性があります。

もしも健康的な住宅を作りたいと望むなら、窓にこだわってみると良いでしょう。

 

そもそも窓と言っても、色々な選択肢があります。UVカットの機能が優れている窓もあれば、断熱性に優れている窓など、非常に多彩なのです。

それで健康面を重視するなら、やはり後者の断熱性に優れたタイプがおすすめです。

そもそも住宅の内部に結露が発生しやすくなるのは、たいてい断熱性が一因なのです。

断熱性能に難があると、カビが発生しやすい一面は否めません。

それは居住者の健康にも関わってくるでしょう。

 

ですから家作りをする時には、ちょっと窓にはこだわってみるのがおすすめです。

断熱性が優れたサッシなども、前向きに検討してみると良いでしょう。

 

 

童話
SEOアクセスアップ相互リンク集
サプリメント
心の童話
ショッピングカート
オーディオ
工務店向け集客ノウハウ
生命保険の選び方
マッサージのリアル口コミ.com
お小遣いNET